35744085_th.jpg

私の友人が、性能が良くて安価なガイガーカウンター

(大玉村の㈱三和製作所)を開発し、販売を開始致しました。

テレビでも取り上げられて、注文が殺到してるそうです。

1台19,800円となっておりますので、もし購入希望の方は

ご連絡下さい。当社で取りまとめて購入致します。

スマートフォン用(9,800円)用のも御座います。

35667515.jpg

 9月25日、私達「郡山市の放射能を除去する会」が、薫小学校の通学路を、PTAの皆様と一緒に除染作業を始めました。高圧洗浄の作業は、遣ってみると中々大変で、思うように進みません。これから、毎週日曜日に11月中旬まで作業のお手伝いを致します。10月9日には、福岡から除染活動のお手伝いをしたいと言う青年「伊藤浩二」さんが参加して頂きました。今月いっぱい郡山市内の除染活動を行っていくそうです。是非、彼のようにボランテイア活動をしたい方は、当社までご連絡下さい。お待ちしております。 

     DSC_0270.JPG        この写真は、10月2日の作業風景です。

 WB工法のウッドビルド寺島社長と代理店さんの皆様が、南相馬市役所の桜井市長に

義援金をお渡しして参りました。

DSC_0206.JPG

南相馬の東北電力火力発電所です。津波の影響で建物が破損しておりまして、操業はまだまだのようです。

 

東北電力火力発電所JPG.JPG

あさかの夏祭り郡山花火大会

| トラックバック(0)

     

 震災の後の花火大会も、昨年と同様に賑わっておりました。

当日は、猛暑で熱中症になった方が二人救急車で運ばれました。

 

 

花火2.JPG 花火5.JPG

 

 

花火4.JPG 花火3.JPG

 

民報8月9日.jpg

8月4日日曜日、郡山から放射能を除去する会の設立総会が行われました。

会員数50社、一般市民20名弱のスタートなりました。

この会は、

1、郡山市の放射能除去の活動を行う。

2、郡山市の現状の情報発信を行う。

3、汚染物の処分場の決定を求める署名活動を行う。

4、上記の活動を他団体及び一般市民と連携して行う。

為に結成されました。

この会に、賛同されたいと思われた方は、是非ご連絡下さい。

連絡場所は、当社(ピースネット㈱トウエキ)私くし根本まで御寄せ下さい

 

 

 

郡山市の放射能を除去する会発足

| トラックバック(0)

 

 

 DSC_放射能を除去.JPG 7月28日労働福祉会館において、郡山の経営者有志による郡山の放射能を除去する会を

 

発足致しました。

 今、郡山から多くの子供達が避難を始めています。安全と安心が取り戻せない限り、

まだまだ増え続ける事は明白です。

今回、市議会議員の方達をお招きして、放射能除去についての現況と、これからの方針を

お聞きする場を設け懇談会を行いました。

約70名の方達が参加をして頂き、議員の皆様と意見交換を行う事が出来ました。

議員の方達も大変苦慮なさっていることは感じましたが、話の中で国の方針が定まって

いないから、県が動かないからという言葉が聞こえ、私達が期待していた、

除去した汚染度の仮置き場をどこにするのかと言う質問には、

明確な回答が得る事が出来ませんでした。

私達は、市や県に頼っているだけではいけないと痛切に感じました。

この放射能を除去する会は、除去活動は勿論の事、署名運動なども行っていかなければと

思っております。

是非、市民の方達もご賛同頂ければ幸いです。

 

 

 

雨樋の枯葉が放射能の数値を上げている

| トラックバック(0)

  

逢瀬町のお客様から2階の部屋が放射能の数値が高いので、

雨樋に詰まっている枯葉が原因ではないかと、枯葉除去の依頼がありました。

雨樋の数値を計ってみると3.5マイクロシーベルトでしたが、

雨樋に詰まっていた枯葉をビニール袋に集めて計ってみると、何んと40マイクロシーベルトになりました。

ビックリです

 

DSC_0046.JPG

 

ガイガーカウンター.JPG

カルチャーパークの第4駐車場で計って

見たら、3マイクロシーベルトありました。

ホットスポットですね。

 

蕎麦打ちに挑戦

| トラックバック(0)

昨日の日曜日、昨年の暮れに買った蕎麦打ちセットを、

箱の中から取り出し初めて蕎麦打ちをやってみました。

二週間前、私の友達の蕎麦打ち名人猪腰さんと、

名人を目指している佐藤さん、そして、私と一緒に

蕎麦打ちセット買った菅井さんとで蕎麦打ちをした時に、

佐藤さんから練習用にと蕎麦粉頂きました。

せっかく頂いた蕎麦粉を無駄にしてはいけないと思い、

初めて一人で遣ってみたのです。

その結果は、どうだったと思いますか?

蕎麦打ちは、まずまずだと思いますが、

食べてみたら、「ウッ・・・マズイ・・・ナンじゃこれは・・・」

早速、佐藤さんに電話をしたところ、「あの蕎麦粉を食べたの?

あれは、あくまでも練習用にと言ったでしょ、食べたら不味いよ」

との返事が返ってきた。

「エッー、」絶句・・・???

まあいいか?不味いのは私の腕が悪かった性では無いのだから・・・

次は、美味しい蕎麦粉を買って再挑戦をしよう。

今回は、本当に蕎麦打ちの練習で終わってしまいました。 残念

 

美味しい豆腐で有名な安心堂さん

| トラックバック(0)

 昨日、渡辺雅文先生のWMC大学に参加してまいりました。

今回は、大阪の安心堂さんご夫妻のお話を、お聞きすることが

できました。

安心堂橋本夫妻.JPG

演題

「一隅を照らすありがとうの商い」

昭和59年、37歳の時芝寿しの工場長を退職し、

大阪府堺市で豆富作りを始めます。

経験ゼロの中からひたすら日本一おいしい豆富を

沢山の人に食べてもらいたいとの思いで、

祈りを込めて製造しておられます。

「安心堂のおいしい豆富」の評判は口コミで全国各地に

広がり、多くの信者客を獲得しています。

講演の中で、

「いつも人生ニコニコ命がけ」と言う

言葉が印象に残りました

笑顔がとっても素敵なお二人でした。

懇親会で頂いた

美味しい豆富「かぐや姫」

絶品でした。