介護用住宅改修相談・施工
  介護保険を利用した住宅改修で、安心快適なバリアフリー住宅に
  住宅改修費の支給は、要支援・要介護の状態になった方(施設入所者、入院者は除く)が、自宅で、より安全な生活が確保できるようにするため、住宅設備などの改修をし、より移動しやすく、暮らしやすい環境にすることを目的としています。  支給限度額は20万円で、かかった費用の1割が自己負担額(20万円の場合、自己負担2万円、18万円支給)となっています。
     
    ◆対象となる住宅改修の種類
①手すりの取り付け
②段差の解消
③滑りの防止と移動の円滑化のための床または通路面の材料の変更
④引き戸などへの扉の取り替え
⑤洋式便器などへの取り替え
⑥そのほか住宅改修に付帯して必要となる住宅改修
 
    ◆事前申請に必要な書類等
①支給申請書
②ケアマネジャーが記載した「住宅改修が必要な理由書」
③工事費用見積書
④工事種類ごとの「改修前」、「改修後」の写真(撮影日のわかるもの)
⑤住宅改修をする被保険者と住宅の所有者が異なる場合は、改修についての所有者の「承諾書」
 
    ◆支給申請に必要な書類等
①住宅改修費用の領収書
②住宅改修の「工事内訳書」
③改修後の状態を確認できる書類等
④申請書
⑤請求書